脱毛エステに通っている最中に行ってはいけない事ってある?

脱毛エステに通い始めると多くの場合は施術完了までに1年くらいの期間が必要となります。
この期間中にしても良いこと、しない方が良いことがあり、最悪の場合は脱毛効果が半減することもあるようです。

 

・服用中の薬があっても脱毛エステに通える?

 

脱毛サロンのカウンセリング中に服用中の薬の有無を聞かれることがあります。
また、契約の際の注意として服用している薬の種類によっては、施術が行えない旨が記載されていることも少なくありません。
これは、脱毛に使用される機械によって薬の副作用を引き起こす心配があるからです。
どんな薬を飲んでいるかは、カウンセリングの時点できちんと申告した方が安全です。
ただし、服用後に数時間空ければ施術が行える場合もあるので、薬を飲んでいるから完全に無理というわけではなさそうです。
脱毛を検討しているなら、薬を処方してくれた医師、脱毛エステの双方で相談してみましょう。

 

・脱毛エステに通っている間の注意事項

 

脱毛エステに通っている最中は、毛抜きでの自己処理禁止と言われることが多いでしょう。
カミソリやシェーバーでの処理についても1週間くらいは間を開けたほうが良いそうです。
脱毛の施術によって弱った肌への刺激を避けるためには大事なことなので、必ず守るようにしましょう。
また、刺激を与えないという意味では脱毛直後のマッサージやサウナについても控えたほうが安心です。
日焼けも乾燥の原因になり、痒みや赤みが出ることも多いので紫外線ケアも怠らないように気をつけてください。
長い脱毛期間中、全てが禁止となると面倒な気もしますが肌を守り、脱毛を続けていくために必要なことです。

 

・万が一トラブルが起きたらどうする?

 

肌が敏感な人は脱毛の施術だけでも肌トラブルが起こることがありますし、注意事項を守らない場合はさらにリスクが高まります。
万が一、肌トラブルが起きた場合には脱毛エステに連絡をして指示を仰ぎましょう。
こういう場合にどうすれば良いのかを事前に聞いておくと焦らずにすみますね。
連絡が取りづらい時間帯であれば、患部を冷やすのも良いかもしれません。
いずれにしても、自己判断で何とかしようとせず脱毛エステで指示された通り対処することが大事です。

 

肌に優しい脱毛機器が増えているとはいえ施術が肌にとって負担になることは確かです。
効果を実感できるまで脱毛を続けるためにも、自分自身の肌を守るためにも注意事項を忘れないようにしましょう。